生物生産学類

※食資源開発学類は,これからの農畜水産業を支える人材を育成するために
 "生物生産学類"に生まれ変わります! ※構想中/令和4年4月入学より


>食資源開発学類

生物生産学類

Committed to Bring Innovations to the Farms of the Future

今,“食”を支える農業は変革の時。
バイオサイエンス,植物?動物?水圏生物の生産科学からIoTやAIを活用する生産環境情報,
生産ビジネスまで,食の生産を網羅する多様な分野を広く,深く学び,
生産のイノベーションで食の未来を創造する。


分野横断的教育研究で挑む!未来の食材生産

中村茂雄教授

世界的な人口増加に伴う需要の増大,地球規模の気候変動など,食料生産は多くの問題に直面しています。また国内では,大規模化,自動化など,生産方式が大きく変化しつつあります。新分野を加えて食資源開発学類から生まれ変わる“生物生産学類”では,6つの履修モデルを設定し,社会の変化に対応できる柔軟なカリキュラムを展開しています。最先端の基礎科学や情報技術,ビジネス分野の新しい科目をはじめ,食の生産に関する多様な科目を配置していますので,将来の進路に合わせて科目を選択して履修することで,生物生産に関する幅広い知識や技術を身につけることができます。新生“生物生産学類”で,持続可能な食料生産を考え,食の未来を切り拓いていきましょう。

食資源開発学類 学類長
中村茂雄教授
※食資源開発学類は,令和4年4月より生物生産学類に変わります。


MYU NEWS #02

全民赢三张下载安装に《生物生産学類》令和 4 年 4 月に誕生
今,食を支える農業は変革の時。農畜水産物生産のイノベーションで食の未来を創造する人材が必要です。生物生産の確かな知識や技術,そして豊かな知性を身に付けるために,新生 “生物生産学類” で,バイオサイエンス,植物?動物?水圏生物の生産科学,環境情報や生産ビジネスなどの多様な分野を幅広く,深く学んでみませんか。食の生産に関わるあらゆる分野を総合的に学ぶ。自由度の高い選択科目,専門的な技術を学ぶ実験実習,この 4 年間があなたの未来を変える!

生物生産学類の学び,ゲノム情報による品種改良/食材資源のための生命の理解/持続可能な農業生産/IoTやAIを活用した次世代農業/水産養殖の新展開/新しい生産技術の経営評価


授業紹介

乳と卵の生産科学,肉の生産科学

乳と卵の生産科学,肉の生産科学

食を支える牛豚鶏の生産を学ぶ

朝の食卓にある牛乳や卵と夕食を飾るお肉について,生産法と機能性等を専門的に学びます。

農業経済学

農業経済学

農業の経済的側面を考える

世界および国内における食料?農業?農村の問題について経済学の理論を用いて考えます。

発生遺伝学

発生遺伝学

発生と遺伝のメカニズムを解く

動植物の個体発生はどのような遺伝子にプログラムされている?そのしくみを読み解きます。

水産生物学実験実習

水産生物学実験実習

水棲生物の生理,生態を学ぶ

持続可能な水産業の実現に向けて水棲生物の増養殖に関する基礎知識や技術を学びます

暮らしと作物

暮らしと作物

衣?食?住を支える作物を学ぶ

私たちの暮らしを支えている様々な作物の歴史や生育特性,生産,加工技術を学びます。

プログラミング基礎

プログラミング基礎

高度なデータ管理?解析?活用

データ収集からグラフ化,データ分析までの知識と基礎技術を学びます。


Student Voice

色川七瀬

食資源全般について,実習を通して
肌で感じながら学ぶ

色川七瀬さん
宮城県宮城野高校出身

生物生産学類は,植物,動物,水産などの生産について,実習などを通して肌で感じながら学べるところが良いところだと思います。私自身は特に宮城県におけるホタテガイ養殖の課題解決に取り組んでいます。先生方との距離も近いので,意欲さえあれば幅広い食の知識を得られる環境です。


取得できる資格

○食品衛生監視員
○食品衛生管理者
○HACCP管理者
○食の 6 次産業化プロデューサー

所定科目の単位を取得し,卒業後,所定の要件を満たした場合に上記の資格が取得できる予定です。


研究室紹介

川島研究室

川島研究室

社会科学の視点から考えるこれからの農業

農業は産業であり,経済活動であるため,これからの農業を考えるにあたり経済学的な視点は必要不可欠です。本研究室では,思考の枠組みとして経済学を学び,仮説を検証するための道具として統計学を学びます。これからの農業について,さまざま仮説を思考し,データに基づいて検証しています

片山研究室

片山研究室

新たな養殖技術の開発に挑む

水産資源は減少の一途を辿っており,養殖技術の開発が安定した食糧生産において求められています。水産生物の生態を明らかにし,未だ確立されていない新たな水産生物の養殖技術の開発に向けて研究をしています。実験室での研究だけでなく,実際に水域に出て研究をしています。

菊地研究室

菊地研究室

スマート農業から循環型農業まで,
幅広い研究を

今後の農業は,ICT等の先端技術を活用していく必要がある一方,環境負荷への対策も重要です。本研究室ではスマート技術と植物生理学的知見を結びつけた作物生産技術の開発を行うとともに,未利用資源を活用した新たな循環型農業システムにも取り組んでいます。

須田研究室

須田研究室

牛霜降り形成機構解明と豚免疫能改良に挑む

霜降り形成機構は未だ謎。世界的和食材の霜降り肉形成に関わる遺伝子群をゲノムレベルで探索し,DNA塩基配列への化学分子のダイナミズムに挑みます。また,遺伝的改良を加え,腸内フローラを制御し,免疫能を高めて病気に強く,美味しさ成分が多い豚肉を産み出す研究もしています。

鳥羽研究室

鳥羽研究室

イネを理解して,将来に向けた
新しいお米を開発する

美味しいお米を安定的に生産したい。そのために本研究室では,イネの種まき,田植え,収穫までを徹底的に調査し,イネを誰よりも詳しく理解し,イネの秘めたるチカラを最大限引き出す品種開発を目指しています。時には長靴を履き,時には白衣を着て,日々イネと向き合っています。

日渡研究室

日渡研究室

植物の環境応答のしくみを解き明かす

植物は光などの環境刺激に柔軟に応答し生育します。このしくみを理解し,生育を最適化することで,食料生産の増加が見込まれます。重力も生育に影響を与える重要な環境刺激の一つで,地上実験のみならず宇宙での微小重力実験も行いながら,重力応答の分子的なしくみを研究しています。

Pick Up !

バイオテクノロジーを活用してバイオマスから燃料や化学製品を生産

北辻教授が,日本コンクリート工学会東北支部功労賞を受賞

中村茂雄教授による「昆虫食」への挑戦

農林水産省「スマート農業実証」プロジェクトで最先端のスマート農業技術を学ぶ

米どころ宮城の水稲生産を実践で学ぶ“田植え実習”を実施しました

福島第一原発の事故と放射線影響~避難区域に残された動物の調査から /震災から10年

震災復興とブランド羊肉の開発/食を通したSDGsへの貢献,循環型の動物生産

宮城の持続的なノリ養殖のために/全民赢三张下载安装三上研究室の挑戦

クローバーなどマメ科植物を餌としてウニを肥育する技術を開発,特許出願

「スペース?モス」プロジェクトの打ち上げ(SpaceX ファルコン9ロケット)に成功


新しい技術と熟練者の経験知の活用により,新しい “食産業” のカタチを探る!

スマホアプリで果実の生育度を確認!
-農業初心者でも適切な時期に農作物を収穫できるアプリ開発

このアプリの開発には “AI” やスマホなどの新しい技術だけでなく,農家さんや研究者などが経験から蓄積した “知識” が必要です。
私の研究室では,新しい技術と農業熟練者の知識を組み合わせ,スマホで初心者でも適切な収穫ができるアプリを考えています。また,この技術はロボットを使った自動収穫にも重要な技術となります。

後藤 勲 先生

現在,様々な分野で新しい技術が次々と開発されています。また,インターネットと技術のオープン化により,誰でも“AI(特に深層学習と言われる技術)” などの新しい技術をすぐに使える時代となっています。しかし,新しい技術を活かすには,熟練者の経験的な知識(経験知)も必要です。

宮城大学には経験豊富な研究者がたくさんいます ! 高校生の皆さん,私たちと一緒に,新しい技術と経験知を結びつけ,新しい時代の新しい食産業のカタチを学び?研究してみませんか?


4年間の学び

4年間の学び


Q&A 生物生産学類について

Q 食資源開発学類から生物生産学類へ変わると,何が最も変わるのですか?


学び方が変わります。最先端の基礎科学や情報技術,ビジネス論などの新しい科目を設け,多様な分野の科目を配置していますので,みなさんの将来設計に合わせて自ら選択して科目を履修でき,生物生産の幅広い知識や技術を身につけることができます。また実社会の問題を取り入れた授業プログラムを設けていますので,課題解決の実践力や協働性を養うこともできます。

Q 生物生産学類では何が学べますか?
フードマネジメント学類との違いは何ですか?


全民赢三张下载安装は,「農場から食卓まで:Farm to Table」という考えの下,食材や食品の生産から加工?流通?フードサービスを通じて消費に至るまでのフードシステムについて,総合的に学べる学群です。
そのうち,生物生産学類では,食材である農畜水産物の生産と高付加価値化について環境や経済?経営の視点を取り入れて学び,フードマネジメント学類では,生産された食材の加工?流通?フードサービス?消費について,サイエンスとビジネスの両面から学びます。

Q 生物生産学類でもビジネスについて学べますか?

 

食材生産経営学,食農ビジネス論などを学べます。ビジネス系科目は主としてフードマネジメント学類から提供されますが,ふたつの学類の間では,ビジネス系の科目の一部を相互に履修できるようになっており,例えば,フードマネジメント学類のマーケティングやフードサービス産業論等を合わせて学ぶこともできます。

Q 食や農に興味がありますが,まだ具体的に将来像が決まっていません。
入学後に広く学んでから自分に合った道を選ぶことはできますか?


もちろん,できます。過去のデータを見ると,入学後の学びを通じて進路を決定し,活躍している卒業生が大勢います。生物生産学類には,様々な分野の企業や組織において活躍してきた教員陣が豊富に所属しており,可能性を秘めた皆さんが進むべき道の選択を支援してくれます。 

Q 生物生産学類とフードマネジメント学類では就職先に違いがありますか? 


大きな違いはないと見込んでいます。就職先の決定には,みなさんがどのような業種と職種で活躍したいのかという明確な意思とそれに向けた準備が大切だと思います。両学類は,アプローチは異なりますが共通の学びは『食』についてです。その学びを活かして将来選択に備えて欲しいと考えています。

卒業生の活躍

農と食を実践的に学ぶことで 強くなった農業貢献への思い

宮城県職員
山内歩実さん(2013年3月卒業)

山内歩実

卒業生の活躍

宮城県の農業職採用で入庁し,現在は研究職としてイネ,ムギ,大豆種子の元種(もとだね)となる原種や,原種の元種となる原原種の生産に関する業務を担当しています。自然と触れ合いながら仕事ができるのが楽しく,自分の努力や勉強次第で高品質な種子生産につながったり,生産過程をより良くできたりするのがうれしいです。高校時代,「自給自足をしたい」という夢があり,農と食を実践的に学ぶことができるところを探していました。まさに宮城大学は,大学内部と付属の坪沼農場での実習?実践に力を入れていて,研究と現場のどちらも学ぶことができました。植物?動物?経営などを幅広く学び,その中で自分のしたいことが徐々に見えてきたのを覚えています。今後も研究職や行政職として経験を重ね,いずれは現場の農業指導に関わる普及職として農家さんに近い目線で働きたいです。


農業分野の地方公務員ならではの 四季を感じられる仕事の喜び

宮城県古川農業試験場作物育種部?/?技師
石森裕貴さん(2013年3月卒業)

卒業生の活躍

卒業生の活躍

担当している仕事は,新しいイネの品種開発です。農業系の地方公務員では多様な仕事(研究?普及?農業行政)ができることをインターンシップなどで知り,現在の職業を選びました。季節ごとにやることが異なり,春は種まきと田植え,夏は植物の観察調査,秋は収穫や分析,冬は成績のとりまとめや次の試験の設計といった具合に四季を感じられるのがこの仕事の楽しさです。大学を卒業して7年が経った今でも,時折研究室にお邪魔しています。先生はいつも温かく迎えてくれて,宮城大学は自分にとっての「帰れる場所」でもあります。「作物学」や「農場での実習」など,在学中に学んだ知識や経験は今の仕事に活かされており,いつか宮城大学卒業生の皆さんと一緒に仕事ができればいいなと思います。


初心,学び,仕事。すべてがつながっている。

日本ハム食品株式会社 関東プラント 製造1部チルド製造課 主任
芳賀圭太さん(2015年3月修了)

芳賀圭太

卒業生の活躍

卒業生の活躍

私は養豚業を営む叔父の影響で,自分で作る商品を,自信を持って“おいしい”と薦められる仕事に就きたいと思い,食品の生産?加工?流通?消費まで学べる宮城大学へ進みました。大学では動物の生産?飼養を専門に学びながら,食品加工について幅広く学んで興味を広げたことが,現在所属する食品メーカーへの就職につながっています。
現在はハンバーグ製造工程管理の業務に従事し,商品開発や品質保証など多くの部署と協力しながら,安全?安心?おいしいハンバーグを効率的に生産できるように機械の調整や出来高の管理を行っています。大学の学びや研究を通して原因追究?挑戦を繰り返してきた経験が,こうした製造行程管理における問題解決力の基盤になっていると感じています。


人の「わからない」に答えよと指導してくれた恩師の言葉

株式会社サカタのタネ 君津育種場 育種第1課
板井恒篤さん(2012年3月卒業)

私はいま,トマトの育種業務を担当しています。品種を開発する際には,優れた収量性や栽培性(栽培のしやすさ),食味の良さなどを考慮しますが,狙い通りの形質を付加できた時は,やっぱりうれしい。お客様に喜んでもらえた時にはなおさらです。
私が学んでいたのは食産業学部のファームビジネス学科で,植物に関する研究職に就きたい気持ちで育種会社への就職を志望しました。いざ実務にあたってみると,植物育種学,病理学,生理学など,研究室で学んだことが,そのまま役に立っています。
研究室の恩師に教わって今も心に留めているのは「君がわかっていることを、みんながわかっていると思うな」という言葉。新品種の説明会などでは,相手の立場に立ち,噛み砕いて伝えることを、いつも心がけています。


進路データ

進路データ

TOP