新着情報

19.09.11

9/7-8 Reborn-Art Festivalとの協創プロジェクトを石巻市荻浜で実施しました

石巻市牡鹿半島と石巻市街地を主な会場とするアートフェスティバル,Reborn-Art Festivalが8月3日から開催されています。宮城大学ではReborn-Art Festivalとの協創プロジェクトとして牡鹿地区荻浜の漁師と連携し,9月7日?8日の2日間,屋台の設営と地元産食材を活用したメニュー開発に取り組みました。

屋台は事業構想学群?友渕貴之助教の研究室の学生が設計?制作を行い,「たゆたう屋台」と名付けられました。会期中,荻浜でたこ飯などを販売する地元漁師の出店付近に設置されます。

また,地元産のアナゴを使ったメニューの試作も実施しました。地元の漁師から穴子の頭や骨を提供してもらい,スープの試食を行いました。メニュー案は,「コミュニティ?プランナー概論及び演習」の講義内で学生が構想したアイデアです。

コミュニティプランナープログラムとは

「REBORN ART FESTIVAL 2019」について

開催概要

?会期:2019年8月3日(土)- 2019年9月29日(日)
※水曜休祭予定(8月14日およびイベント開催日は除く)
※網地島エリアは8月20日より開催

?鑑賞時間:
【平日】10:00~16:00(15:30最終受付)
【土日祝?8月13日?16日】10:00?17:00(16:30最終受付)
※施設、作品によって異なる場合もありますので各作家のページにてご確認ください

?会場:牡鹿半島、網地島、石巻市街地、松島湾,(宮城県石巻市、塩竈市、東松島市、松島町、女川町)
?主催:Reborn-Art Festival 実行委員会、一般社団法人APバンク
?共催:宮城県、石巻市、塩竈市、東松島市、松島町、女川町、株式会社河北新報社、東日本旅客鉄道株式会社 仙台支社、ヤフー株式会社

TOP