キャリア?インターンシップセンター

キャリア?インターンシップセンター

確かな教育に基づく専門力,人間力の育成

宮城大学では,基盤教育や専門教育に加えて,
インターンシップを含めたキャリア教育の充実を図ることにより,
高度な実学に基づき,豊かな人間性,高度な専門性及び確かな実践力を身につけ,
グローバルな視点で地域社会や日本経済の発展に貢献できる人材を育成しています。


田邉信之

CICセンター長メッセージ

ドッグイヤーという言葉があるように,グローバル化,IT化などが進展する今日,社会経済環境は加速度的に変化しており,新たな時代のビジネスパーソンに求められる能力も大きく変わってきています。

日本経済団体連合会の産学協議会が2019年4月22日付で取り纏めた共同提言では,「Society 5.0時代に人材に求められる能力」として,忍耐力やリーダーシップ,チームワーク,学び続ける力などの人間力を基盤としつつ,リテラシー(数理的推論?データ分析力,論理的 文章表現力,外国語コミュニケーション力など)や論理的思考力と規範的判断力をベースとした社会システムの構想?設計力などが挙げられています。

こうした時代のニーズに応え,宮城大学では,基盤教育や専門教育に加えて,インターンシップを含めたキャリア教育の充実を図ることにより,高度な実学に基づき,豊かな人間性,高度な専門性及び確かな実践力を身につけ,グローバルな視点で地域社会や日本経済の発展に貢献できる人材を育成しています。

また,環境変化に的確に対応できる柔軟性や「学び続ける力」の涵養にも注力しています。具体的には,大学1年後期から3年後期にわたってキャリア開発科目(必修)とインターンシップ科目を配置して,自らのキャリア開発についてじっくりと考え,それまで培ってきた知見や人間力などを実践的に活用する機会を提供しています。

在学生の努力はもちろんのこと,ご家庭や関係者のご理解とご協力に支えられ,宮城大学では全学群で,過去3年間の就職内定率はほぼ100%となっております。皆様のご協力に感謝するとともに,今後も教職員一丸となって,学生のキャリア開発に尽力していく所存ですので,今後ともご協力を賜りますようお願い申し上げます。

キャリア?インターンシップセンター センター長
田邉信之


4年間を通じたキャリア教育及び就職支援

中長期的な視野に立ったキャリア教育を目指し全学群にて 1 年次から3年次後期にわたり充実したキャリア科目の講義を用意しています。その充実したプログラムの中で学生自身がじっくりと自分と向き合いながら自己のキャリア形成を考え,それを実行に移すことのできる様々な機会を提供します。

1?2 年次より講義形式でのキャリア形成教育と連動し体験型学習として多用なインターンシップ?プログラムを実施します。また就活に直結する公募型インターンシップ或いは学生向けビジネスコンテスト等の学外にて実施される様々な体験型プログラムの情報提供を積極的に行います。

キャリア開発室では,学生の個性と適性そして希望する様々なライフプランに沿ったキャリア形成を,企業情報の提供,就職関連のガイダンス,学生の適性別に実施されるテクニカルセミナー,個別企業セミナー,そして合同業界研究セミナー等を提供し,年間を通じて多角的にサポートします。

4年次に学生自身が進路決定できるように,1年次から3年次まで,講義?グループワーク?先輩の体験談などを通して,個々の学生が自らの適性を考え職業の選択ができる能力を育成します。

社会環境や他者との関係を理解し,キャリア?プランニング?プロセスの考え方を学び,様々な職業人の話から,進路選択を熟考しながら自己を分析し,どのような能力を身につけるべきかを実践的に学びます。

早期の職業観醸成を目指し,2 年次に仕事や社会について学び,実社会での職場体験も用意しています。3 年次には,将来の職業選択に向けてインターンシップに参加するといった一連の教育プログラムを構築しています。

「看護師」「保健師」の資格は,国家試験の合格をもって得られる資格です。4年次には,定期的に模擬試験とその解説会を行い,学びを定着させます。また,国家試験合格に向けて教員のサポート体制を構築しています。

行政事務,建築,保健師など公務員を目指す学生を対象に,教養試験と専門試験の対策講座をはじめ,論文添削や面接指導,また個別自治体説明会など多岐にわたり支援プログラムを実施しています。

学生による主体的なキャリア形成への意識づけ,また職業観や勤労観の涵養を目的に,企業,自治体の採用担当者や本学のOB?OGを招聘し,業界,企業を広く研究する機会を設けています。


キャリア?インターンシップセンター組織図

《2つの開発室による強固なキャリア形成支援》


インターンシップ開発室ついて

インターンシップ開発室(IDD)は,高等教育としての『インターンシップの宮城大学モデル』を推進する部署として,2018年4月から活動しています。
学生が仕事選びの前に,社会で働くことの意義を学び,社会人基礎力を高められるようにすることを目的に,実際の職場での体験型インターンシップを実現するため,企業や各種団体のご協力を得て成長の場を提供いただけるよう環境を整備する役割を担っています。
また,インターンシップを通して,地域との関わりや自分の使命を認識し,学生自らが社会に貢献する意識や能力を高められるように促すことも目的としています。

IDD長メッセージ

インターンシップが注目される背景

近年の大学教育において,なぜこれほど「インターンシップ(Internship)」が注目されているのでしょうか。

それは,大学生が企業?組織での就業体験を通じて,

  1. 学生でありながら「組織の一員として働く」ことの意味を実感できる
  2. 大学での学修と仕事を関連づけることで学修の深化や学修意欲を高められる
  3. 将来のキャリアを真剣に考え準備する糧となる

このような得がたい機会になるからです。デジタル変革など我々のおかれる経済社会環境の激変する中,「働く価値観」から「企業の雇用?採用のあり方」まで大いに変化しています。
だからこそ,大学教育におけるインターンシップは,ますます重要になっているのです。

国際インターンシップを体験した一人として

欧米の大学では,長期インターンシップが広く行われており,卒業後の仕事と直結する場合が多いといわれています。時代は遡りますが,私も大学4年生の時に米国の商工会議所で長期インターンシップに挑戦し,国際ビジネスや組織での働き方を深く学ぶことができました。その経験が,卒業後に企業のコンサルティング業務や国際機関の事務局出向でとても役立ちました。私のキャリアの出発点は,この国際インターンシップだと思っています。長期でも短期でも真摯に取り組めば,将来のキャリアに大きな意味を持つ機会になる,それが「インターンシップ」です。

企業にとってインターンシップの新たな可能性

インターンシップは,企業?組織にとって多様な意味を持つようになっています。学生に就業機会を提供したり,採用プロセスの一部とするだけではありません。視点を変えれば,大学生の考え方を理解し,自社がどのように見えるかを把握することにも役立ちます。さらに,課題解決型プログラムにより,学生のアイデアから新たなビジネスのヒントを探ろうとする企業も増えています。
企業?組織の取り組み方によって,様々な可能性が広がっているのです。

インターンシップ開発室(IDD)の役割と今後の方針

インターンシップ開発室(IDD)は,企業?組織と連携して『インターンシップの宮城大学モデル』を構築?推進することで,地域社会はもとよりグローバルに活躍できる人材を育成?輩出することを目的に活動しています。
これまで,各学年のニーズに応じたインターンシップのプログラムを整備すると共に,多くの受入れ企業?組織にご協力いただき,教員も一緒になって多彩なプログラムを創ってまいりました。それぞれの企業?組織の特性を活かすことで,学生にとって学びや気づきの多い独自のプログラムが出来ています。また,学生が実際に職場で仕事を体験することで,それまで予想もしなかった仕事の魅力に気づき,自らのキャリアを見つめ直して,進路の選択肢に加える例もでてきています。

今後は,産官学連携によるインターンシップの意義を高めるために,インターンシップが学生の成長の場になると同時に,受入れ企業?組織の皆様の新たな「価値創出」の機会につなげられるようにと考えております。
学生が「働くこと」の魅力を実感し,自らのキャリアを深く考えて,大いなる飛躍を促すために,インターンシップ?プログラムの「多様性」「独自性」「質」を充実させるべく取り組んで参ります。

これから域内外でリーダーシップを発揮できる人材を我々の「宮城」で育てるために,皆様との連携をより緊密なものにしていきたいと強く願っております。

インターンシップ開発室長
大嶋 淳俊


キャリア開発室について

キャリア開発室は,大和と太白の両キャンパスに設置されており,抱負な経験を持つ指導員が常駐しています。学生が,生涯に渡って学習しようとする高い意識を持てるように,そして主体的思考力と強い人間力を身につけるために,学群ごとに適したキャリア教育と就職支援を行っています。そして,学生の個に合った親身な指導や相談を心掛けています。さらには,実践的な就職セミナーや県内外の企業による説明会等を随時開催するほか,OB?OGと意見交換できる場を設けるなど,多くの企業と接する機会を提供しています。キャリア開発室は,まさに“チャンスと出会う場”です。

※本学を卒業されたみなさまへ:キャリア開発室では,希望する卒業生に,就職に関する情報提供や個別相談等を実施しています。相談等を希望される場合は,キャリア開発室にご連絡ください。

須田義人

CDD長メッセージ

今は何も無くていい,今は何も出来なくていい,今は自信が無くていい,今は弱い自分であっていい,でも,ただ何か1つに挑んでほしい。
それをやり抜いてほしい,逃げないでほしい,自分の弱さと闘ってほしい。
分かっているようでも,分かっていない事が多い。

君達の社会はそんなに甘くない,楽しいことだけではない,思い通りにはならない,辛く苦しいこともある。
人の強さは,難局でどう対応するかで決まる。

これまでの自分を見つめ直し,何でも学び,歯を食いしばって成長しようと努力を続けることで,大切なものを見つけ,自信が付き,強くなることができる。
そうすれば,社会の一員であることを自覚し,楽しいことも生まれ,思い通りに成功できる可能性が高くなる。
夢を実現したいなら,歯を食いしばって,努力を続ける。きっと誰かが見ていてくれ,手を差し伸べてくれ,縁が生まれる。

教職員は,君達に社会を理解し,縁を生む切っ掛けと術を提供します。
君のキャリアの輝きは,君自身で磨かないと失うことを知っていてほしい。

応援しています。

キャリア開発室 室長
須田義人


パンフレット

お問い合わせ

TOP